子どもの作品をどうやって保存するか - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
とっておきのネタを書くぜ!
↓↓↓↓新規事業の立上は日常生活のアイデアから生まれるものです!↓↓↓↓
主婦が考える新規事業 サラリーマンが考える新規事業 こどもが考える新規事業 経営者が考える新規事業
高齢者が考える新規事業 介護に取り組む方が考える新規事業 赤ちゃんのために考える新規事業 学生が考える新規事業

子どもの作品をどうやって保存するか

  • このカテゴリに新しいトピックを立てる場合はログインが必要です
  • ゲスト(非会員)の方は閲覧のみ可能です
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2011-5-31 16:42
koto  ネアンデールタール人   投稿数: 95
子どもが図工や家庭科で作った作品
なかなか捨てられないです・・・

幼稚園のとき作ったクリスマス・リースや
牛乳パックをひっくり返して作った雪だるま
手作りろうそくやはじめての木工作品

小学校では展覧会の作品、たくさんの絵
家庭科で作ったエプロンや巾着袋

わが子の作品だからかもしれませんが
がらくたのようなものでもなんだか愛おしくて
捨てられないものがいっぱいあります

かといってスペースにゆとりのなくなった昨今
今日こそは処分しよう!
と気合を入れて片付け始めても
なかなか思い切れません

それでなくても母の日(父の日)のカード
誕生日にプレゼントしてくれた手紙
思い出の写真など山ほどあるというのに

ドラえもんの4次元ポケットのように
小さいのにたくさんのものが入るポケットが欲しい!

写真に撮ってから処分するという事を聞いて
それもやっていますが
写真だと側面や裏の立体的な感じが写らずちょっとさみしいです

ボタンを押すと空間に投影されて
後ろに回ると裏の感じもわかる
もっと欲を言えばさわれたりする
そんなカメラ、ないですかね?







:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011-6-4 12:00
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
面白いですね。

工作で作ったものって、
無駄に耐用年数というか、
耐久力があったりしますよね(笑)

うちの実家にも、
昔作った木の台座みたいなのが、
未だにあります。

うちの母もそういうの、取っておく方で、
ダンボールの中とかに結構詰め込んでいるみたいです。
いつか日の目を見ることもあるのでしょうか・・・。

カメラやビデオなど、映像的なものであれば、
結構進みそうな予感もしますねぇ。
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013-1-9 14:19
agemaruko  お猿さん   投稿数: 9
そうなんですよね…

写真に撮って残しても、原物も捨てられずにいる私。

写真の分だけ、モノが増えているし…

主人のモノは躊躇なく捨てられるのに、子どものモノは

捨てられません。
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013-1-13 10:46
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
主人のモノは躊躇なく捨てられるのに(笑)

捨てないで〜。
:0



 



ログインして投稿する! 会員登録して投稿する!

  条件検索へ


ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.