高齢者のためのシェアハウス - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
とっておきのネタを書くぜ!
↓↓↓↓新規事業の立上は日常生活のアイデアから生まれるものです!↓↓↓↓
主婦が考える新規事業 サラリーマンが考える新規事業 こどもが考える新規事業 経営者が考える新規事業
高齢者が考える新規事業 介護に取り組む方が考える新規事業 赤ちゃんのために考える新規事業 学生が考える新規事業

高齢者のためのシェアハウス

  • このカテゴリに新しいトピックを立てる場合はログインが必要です
  • ゲスト(非会員)の方は閲覧のみ可能です
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2012-3-12 17:09
koto  ネアンデールタール人   投稿数: 95
孤独死のニュースが相次ぎ
なんだか殺伐とした空気が漂っています。
自分の20年後、30年後を考えると
人事でない気持ちがします。

民生委員などの呼びかけに応じて
高齢者センターでの催しに出かけてくる方はまだいい
問題は生来人との交際を苦手としてきた方が孤立しやすい
という記事を何かで読みました。

高額な保証金のいるホームに入居できる人ばかりでもありません。

と考えると高齢者専用のシェアハウスのようなものがあると
いいなと最近考えています。

キッチン、リビング、トイレ、お風呂は共同スペースにあり
まわりに各人の個室がある
まかないが付いていて
ご飯はリビングルームのようなところで集まっていただく。
リビングで他の人と談笑したりテレビを見ることも出来るし
ひとりで個室で自由に過ごすことも出来る。

必要以上に干渉しないし無理に会話しなくていいけれど
お互いの存在は感じられる
外に出て行くのが苦手な人でも
孤独ではありません。

人って他の人の存在を感じてこそ
自分も気力や張りといったものが出てくるのでは
と思うのです。

でも実現しようと思うと
病気の時の対応や管理人が必要かとか
低料金を実現するための取り組みがどこまで出来るかとか
お風呂、トイレは共同でいいのか
共同スペースの掃除はどうするかとか

いろいろ課題がありそうです。

:2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012-3-15 10:55
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
そうですよねぇ。。。
私も時々不安になったりします。

たまに小学校の前などを通ったときなんかも、
朝礼をやっていたりするのですが、
こども少なっ!って思うときがあります。

物事の価値観なども全部変わっちゃうのかな〜

なんて空想してみたり。
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012-4-5 10:16
atenkou  お猿さん   投稿数: 4
安心して子育てができる社会環境をつくれば、少子化を人口増加に変えていけられると思います。
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012-4-7 13:20
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
環境って大事ですよね。
うちも先日引越しをしたのですが、
前に済んでいたところと比べると、
静かだし、車も少ないし。

過ごしやすい地域です。
何しろ、しーんとしているので、
熟睡できます。

気のせいか、
近所の住人も、温厚な感じがなんとなくします。
:1



 



ログインして投稿する! 会員登録して投稿する!

  条件検索へ


ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.