ビジネスマッチングを考える - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
とっておきのネタを書くぜ!
↓↓↓↓新規事業の立上は日常生活のアイデアから生まれるものです!↓↓↓↓
主婦が考える新規事業 サラリーマンが考える新規事業 こどもが考える新規事業 経営者が考える新規事業
高齢者が考える新規事業 介護に取り組む方が考える新規事業 赤ちゃんのために考える新規事業 学生が考える新規事業

ビジネスマッチングを考える

  • このカテゴリに新しいトピックを立てる場合はログインが必要です
  • ゲスト(非会員)の方は閲覧のみ可能です
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012-8-28 21:02
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
ビジネスマッチング。

と一言で書くと簡単に見えますが、
でも、これって結構ビッグテーマです。

ヒト・モノ・カネ、経営に必要なものとして、
昔から言われているものですが、
今はコレに時間・情報が入ると言われています。

上記のものの多くは、
「出会い」次第でどうにでもなってしまう。
という側面があります。

実際問題、
ヒトの人生というのは、(人生を語る年齢ではないですが)
誰と出会うかによってどうにでも変わってしまう。

そういうことってあると思います。

だから多くのヒトと会えて、
相乗効果を得られる機会が多いよというヒトは、
それだけ意思決定のチャンスが回ってくる。

だから発展する。

で、このビジネスマッチングというところに、
目をつけたビジネスと言うのが世の中にはいっぱいある。

このCoodah!でもいくつかのアイデアが出てきた。
しかし。実際問題難しかったりします。
運営が難しいんですよね。専属でできるわけじゃぁないですし。

それは「マッチング自体がビジネスに成り難い」。
といえるのかもしれません。
目に見えて何かを販売するとか、
サービスを提供するといったものではないですし。

また、それはキャッシュポイントをどこに置くかによって、
どうしても「難しさ」が出てしまうものなのかと感じます。

ただ、マッチングだけ頑張ってやっても、
それは慈善事業にしかならないわけですので、
そこから企業としてどうやって儲け、利益を得るのか、
ということも当然考えなければなりません。

このCoodah!だってそうです。

全く異質のAとBが協力することで、
大きな相乗効果を生み出すことができる。
そういうものって世の中にはゴマンとある。

でも、多くの中小企業にはそのチャンスが少ない。
というか、そのチャンスに出会えるような機会に恵まれない。
とか、自らチャンスを掴もうとしない。というか。

で、何が言いたいかというと、
慈善形式のマッチングではダメだと言うことです。
かといって会員費にしたりなども実際難しい部分がある。

うーむ。

長くなってしまったのですが、
マッチングを促している者が間に立って、
そのマッチングの「中」に入ることが良いのではないか。

つなぎの部分。
接着剤の部分の役目を果たすこと。
例えばですが、技術力とデザイン力のマッチング。
広報活動はCoodah!が協力。とか。

・・・んーでも、
結局慈善活動になってしまいますかねぇ。
なってしまいますねぇ。んー。
:1



 



ログインして投稿する! 会員登録して投稿する!

  条件検索へ


ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.