ダブルドリンク - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
とっておきのネタを書くぜ!
↓↓↓↓新規事業の立上は日常生活のアイデアから生まれるものです!↓↓↓↓
主婦が考える新規事業 サラリーマンが考える新規事業 こどもが考える新規事業 経営者が考える新規事業
高齢者が考える新規事業 介護に取り組む方が考える新規事業 赤ちゃんのために考える新規事業 学生が考える新規事業

ダブルドリンク

  • このカテゴリに新しいトピックを立てる場合はログインが必要です
  • ゲスト(非会員)の方は閲覧のみ可能です
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2012-9-18 2:02
pirochack  お猿さん   投稿数: 1
二つの飲み物を入れておける水筒。

水筒の中身で一番多いのは麦茶やお茶だと思いますが
遠足に行くにしても仕事の休憩中にしても
帰るまで、ずっと同じ飲み物しか飲めないという
デメリットがあると思います。

水筒を2つ持っていくとなると荷物になるし
何より飲みきれそうもない。
他のものが飲みたくなったらコンビニかどっかで買えばいい
と思うかもしれませんが
水筒を利用する理由の中で一番多いのが
節約の為なのです。
せっかく水筒を用意したのに、飲み物を別で買ってしまっては
節約の意味がないと思います。

食事中・休憩中はお茶が欲しいけど、食後・勤務後はコーヒーが良いという方もいると思いますし・・・

それぞれの量としては二つに分けるとなると単純に半分になってしまうわけですが・・・

7:3の割合の水筒も作ればいいのかと考えてます。

理想としては、好みで割合を変えれるような
可変式のものがいいのですが構造的に難しくなりそうだし
経費が掛かりそうなので・・・

纏めると

メリット
・飽きない
・買いに行く手間が省ける
・節約向上
・ゴミが出ない

デメリット(課題)
・量の調節
・洗浄時の問題(洗いやすさ)

と言ったところでしょうか?

:1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012-9-18 8:58
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
pirochackさんこんにちは!
これ良いですねぇ〜。

お茶系とジュース系は別ですからねぇ。
お茶ばっかりだとなんか飽きますし、
むしろ気持ち悪く(?)なったりしますよね。

一日の時間帯で飲みたいものが変わるという意味では
オフィスワークの方などに合うかもしれませんね。
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012-10-17 9:42
guppe  現代人   投稿数: 186
ガブガブ飲まない人には良いアイデアだね。
俺の場合は「洗うのがめんどくせーから」という理由で、
水にしてしまいそうだw

コンビニとかで販売しても面白いかも。
ダブルドリンクペットボトル版!とかって。

コーヒーか炭酸飲料か悩むときってあるんだよな。
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012-11-7 8:50
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
甘いものと、そうでないものとが
ちょっとずつあれば十分。

という日もありますよね。

夏場はビッグサイズにしてw
:0



 



ログインして投稿する! 会員登録して投稿する!

  条件検索へ


ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.