電子カタログのポータルサイト - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
とっておきのネタを書くぜ!
↓↓↓↓新規事業の立上は日常生活のアイデアから生まれるものです!↓↓↓↓
主婦が考える新規事業 サラリーマンが考える新規事業 こどもが考える新規事業 経営者が考える新規事業
高齢者が考える新規事業 介護に取り組む方が考える新規事業 赤ちゃんのために考える新規事業 学生が考える新規事業

電子カタログのポータルサイト

  • このカテゴリに新しいトピックを立てる場合はログインが必要です
  • ゲスト(非会員)の方は閲覧のみ可能です
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013-4-15 19:40
marino  お猿さん   投稿数: 3
初めて投稿させて頂きます。よろしくお願い致します。
表題のアイデアについてご意見頂ければと思い投稿させて頂きました。

様々なカタログ(印刷物)を電子化し、閲覧できるポータルサイトがあったらどうでしょうか。
世の中にはありとあらゆるカタログが存在していて、ユーザーに選んでもらおうとどこも大量配布しています。
各メーカーの商品カタログ、メーカー向けの部品カタログ、その他保険やサービスの案内カタログ、一般消費者向けのものや業社向けのものと本当に様々なカタログが流通しています。

もちろん、webでも紙では表現できない情報が表示されていて、紙のカタログより詳しい情報が載っている場合がほとんどです。
しかし、やはり紙の方が見やすいのが、営業マンは紙のカタログをどっさり持って営業している姿をまだまだ多くみかけます。
また、一般ユーザーでもプレミア感があるのか紙のカタログを見る機会がまだまだ多いのではないでしょうか。

そこで、そんな世の中に存在する紙のカタログを電子化し、一つのアプリとして公開したら面白いのではと思った次第です。
ユーザーはアプリを起動し、「家電」「家具」等々のカテゴリや、「ソニー」「ホンダ」といったメーカーから検索する。
見たい商品のカタログを選択すると画面上に紙のカタログのデータが表示される(PDF等)

丁度「価格.com」のカテゴリーで紙カタログ版といったところでしょうか。
カタログをどれだけ集められるかがカギですが、このアプリがあればほとんどのカタログが無料で閲覧出来る。を実現できればかなりのインパクトがあるのではないかと。

似たコンセプトで凸版印刷の「iCata」というアプリがあります。
が、ラインナップが少なすぎて利用者は限られてしまいます。
利用者が限られるということはお金も集まりにくいので、あくまでポータルアプリを目指せれば一定の価値があるのかなぁと思っています。

また、実際のカタログを保管管理しておき、ユーザーから請求があれば発送代行もしたりすれば、よりサービスが広がるかも知れません。

集金はカタログを発行している所から頂くか、広告しかないかも知れません。
どうすればお金が集まるか等、全然イメージが湧きません。

こうったサービスは地方からでも出来ると思いますし、中小企業でも面白い事業がしたいという気持ちで投稿させていただきました。

異論反論ご意見頂ければと思います。
長々と失礼致しました。
:1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013-4-17 10:39
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
これは物凄く面白いです。

カタログをこちら側が集める、
というのはかなり大変そうですので、
代理店の仕組みにするか、
企業側が勝手に投稿できる仕組みにするかになるでしょうか。

最初の立ち上げ時はこちらが集める必要がありそうですが。

閲覧者・利用者が集まるサイトになることができれば、
掲載してほしい!と企業側から言ってきてくれますし、
実績が出てくれば有料化しても良いですよね。

企業側からすれば、
印刷してDMしたりポスティングしたりといったコストが
無くなるわけですから大手企業ほどコストメリットが出てきそうです。

ダウンロード課金とかできれば、
キーワード広告よりも見込み度が高いですし、
それに対してであれば企業側も費用を負担するかと感じました。

これ、事業化できるんじゃないですかね?
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013-4-17 20:26
marino  お猿さん   投稿数: 3
marinoです。貴重なご意見ありがとうございます。

企業側に勝手に投稿していただく仕組みは必要ですよね。
ただ、サイト(アプリ)自体の認知が薄いと、そこまでたどり着くのに非常に時間がかかるので、
例えば立ち上げ当初は手当たり次第カタログを集めて、スキャニングしたものをアップロードするとかでしょうか。
(集めるのは代理店方式もありですね!)

根本的な問題としてはバラまき用のカタログとはいえ、著作権等の問題はないのかが心配です。
(勝手にアップロードすること)
その問題がクリア出来れば何らかの方法でひたすらカタログを集め、サイトに登録する。
ある程度のボリュームが出た時点でリリースし、認知度を広める販促を行う。
引き続きアイテムを登録(更新)しながらユーザー数を増やした時点で有料化とかでしょうか。

基本○○Mまで無料、○○M以上から有料とか?

著作権に引っかかるようなら、始めから企業に広く募集し登録して頂くしかないでしょうね。
ここでもやはり課金が引っかかりますが…

話は逸れますが、収益度外視でひたすらユーザー数(アクセス数)を集めることを第一に考えた起業家も多いようですね。
後の戦略あってのこととは思いますがすごい勇気と決断ですね。
初期投資も莫大でしょうから資金をどうやって工面したのか、返済プランは?とか、興味津々です!
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013-4-18 20:46
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
著作権の問題は確かにありそうですねぇ。
立ち上げ段階ではこちらから掲載のお願い、
という形でテレマーケティングなどが必要になるかもしれませんね。

ユーザー数が増えた時点で有料化というのは良いと思います。
300件無料掲載キャンペーン!
とか面白いですね。

容量というのもわかりやすくて、使いやすいですよね。
無料だから登録しやすい、便利なら有料でも取り組む。
ってなりますもんね。

何気にそれが営業的なPRになったりしてw
あとはキャッシュポイントをどこに置くかですよねぇ。

掲載企業さんからいただく形になると思いますが、
ダウンロード課金や資料請求、アフィリエイトとか?
そういったコンバージョンを図る仕組みができると
上手く行きそう!

資金調達はー・・・。
できている人すごいですよねw
事業投資をビジネスとしている人たちがいるので、
良い感じのビジネルモデルやプランがあって、
収益性があれば、出資します。

その代り〜〜〜という世界があるのでしょう。たぶん。
僕なんかは、マンガの世界の話のような気になってしまいますが、
そういうタイプの起業形態というのはあるみたいですね。

反面、起業家としては良くも悪くもプレッシャーが大きいですし、
好き勝手できるできないというのがあったり(?)
しそうな感じがしますねぇ。
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013-4-22 12:30
marino  お猿さん   投稿数: 3
marinoです。
貴重なご意見ありがとうございます。

全てのカタログがコンセプトですが、やはり数が集まってナンボでしょうし、せっかく検索したけど、見つからない。
というのが一番マズイですよね。

なので、オープン前にどれだけ揃えることが出来るかが肝だと思います。
今乱立している電子書籍サイトがまさにそれで、「買いたい本がない」「種類が少な過ぎる」ではユーザーは振り向いてくれないと思います。

ただ、現実問題で考えると相当に大変なことで、その集める仕組みを検討する必要がありますね。
もしくは、もう少し違った観点で集めてみるとかでしょうか。
例えば、あるジャンルのみのサイトだったり、何かに限定したサイトだったり…

もう少し検討してみます!
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013-5-17 8:18
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
特定のジャンルであれば行けるかもしれませんね。

広告代理店さんなどジョイントできれば、
お互いにメリットのある提案がエンドユーザーさんにも
できるかもしれません。

例えば不動産業に特化した広告代理店さんとか?
:0



 



ログインして投稿する! 会員登録して投稿する!

  条件検索へ


ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.