家庭内簡易植物工場 - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
とっておきのネタを書くぜ!
↓↓↓↓新規事業の立上は日常生活のアイデアから生まれるものです!↓↓↓↓
主婦が考える新規事業 サラリーマンが考える新規事業 こどもが考える新規事業 経営者が考える新規事業
高齢者が考える新規事業 介護に取り組む方が考える新規事業 赤ちゃんのために考える新規事業 学生が考える新規事業

家庭内簡易植物工場

  • このカテゴリに新しいトピックを立てる場合はログインが必要です
  • ゲスト(非会員)の方は閲覧のみ可能です
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014-7-15 6:29
cool  原始人 居住地: 愛知県新城市  投稿数: 36
ベランダガーデニングや水耕栽培など、一般家庭で野菜や植物を育てることが最近ブームになっています。

植物を育てるために、特別な光は必要ありません。
なぜなら「植物工場の照明の主流は今でも蛍光灯」だからです。

今まで皆さんが失敗した理由は、光の量が足らなかった事が大きな原因です。

LEDの進歩により、家庭内でも簡単に植物工場が実現できます。

無農薬栽培や、時期を無視した栽培も、光がコントロールできれば実現可能です。
(温度はエアコン、水耕栽培で液肥で肥料をコントロールし、二酸化炭素もセンサーで管理する)

山間部の廃校跡で、熱源として「太陽光温水器」を利用し、通年でいろいろな野菜や果物を栽培するビジネスは、今考えられ、実践されている農業ビジネスの新しいスタイルだと思います。

何が現在の農業ビジネスと違うのか?

植物工場は、均質な工業製品のような野菜を栽培することを目標としています。
均質でなくても「手作りの味」として、多少のばらつきがあっても、それが「味」なんだとゆとりの対応で良いのではないでしょうか?

こんな事を考えながら、自宅でいろいろな野菜が栽培できたら楽しくありませんか?

ホビーなんだから、各自がとことんこだわれるように、あえてお仕着せのセットでなく、自由に組み合わせが出来る「パーツの販売」とします。

実際2ヶ月ほど、自分で栽培実験しました。
日々の成長を見るだけでも、好奇心を十分満たしてくれます。
そして、短期間で収穫というお土産つき。

既存のセットでは、光量が不足で満足がいく生育になっているとは言えません。
さらに、収穫してしまうと次の収穫まで何も収穫できないという弱点があります。
空間の提供であれば、その空間では生育のある一時期を賄い、それ以外の時期には他所で生育させることも可能です。

冬の北海道。
部屋の中で栽培したレタスのサラダを日々食べている。
どうです、夢がありませんか!!
:4
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014-12-30 13:06
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
植物に必要なのは光なんですね。
いや、昔理科で習ったはずなんですけど(笑)
改めて何かと言われると、そっかー。と。

しかし、そう考えると
LEDというのは本当に素晴らしいですね。

うちの事務所のやつはLEDなのだろうか・・・。
どうだろうか。。。

LDEかそうでないかを調べる方法って
あるんですかね?

そこらへん素人で、実は違いが良く分かっていません(苦笑)
:0



 



ログインして投稿する! 会員登録して投稿する!

  条件検索へ


ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.