室内でイチゴを栽培する - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
とっておきのネタを書くぜ!
↓↓↓↓新規事業の立上は日常生活のアイデアから生まれるものです!↓↓↓↓
主婦が考える新規事業 サラリーマンが考える新規事業 こどもが考える新規事業 経営者が考える新規事業
高齢者が考える新規事業 介護に取り組む方が考える新規事業 赤ちゃんのために考える新規事業 学生が考える新規事業

室内でイチゴを栽培する

  • このカテゴリに新しいトピックを立てる場合はログインが必要です
  • ゲスト(非会員)の方は閲覧のみ可能です
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2015-12-25 13:27
cool  原始人 居住地: 愛知県新城市  投稿数: 36
室内でいちごを栽培して、イチゴ狩りしてみたいと思いませんか?

実は見た目は普通の電球でありながら、なんとイチゴが育つ電球を開発しました。

当然今まで販売されていた電球とは一線を画し、白い、まぶしくない光でありながら、イチゴがしっかり育ちます。

この商品のターゲットは、誰もがターゲットなのです。
一般向け
1.子どもたちの教育用教材
2.室内でのインテリア
3.趣味としての家庭菜園
4.老人たちの簡易土いじり(盆栽や草花などの栽培)
5.店舗や事務所でのグリーンインテリア

ちょっと思いつくだけでも、いろいろ応用が利くことがお分かりいただけたと思います。


植物を室内で栽培できなかった理由は、太陽の代わりとなるものがなかったことです。
だからここに、太陽の代わりとなる電球を開発しました。


イチゴが栽培できることは、ほとんどの植物が栽培できることです。
通年で部屋の中でイチゴが実っている。
いかがですか?
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-2-7 0:15
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
いちご、良いじゃないですか〜。

1のぱっと思い浮かんだのはやはり教育教材ですね。

でも一人暮らしの寂しがりやさんなどにも良いかもしれません。

バレンタインツールとして、
あなたの育てたいちごでカレシにショートケーキをプレゼント!

などといったキットを作ってバレンタイン商戦に参入!!
使い方次第でいろいろ楽しめそうですね!

面白い。
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-5-24 9:43
cool  原始人 居住地: 愛知県新城市  投稿数: 36
販売する方法考えていただけませんか?

仕様はあれから改善され、直管を利用したスタイルも追加しました。

価格面でも、生協さんなどの食材宅配業者さんとタイアップすることで、棚2段栽培で3万円が目標価格です。

食材宅配業者さんとのタイアップには、苗の販売があります。

野菜はスーパーで購入するのでなく、苗を購入捨て自宅で栽培、収穫する。


現在栽培テスト中は、スイカと青紫蘇、バジルなどです。

新しい食材の販売チャネルだと思うのですが。

当然イチゴも、年間栽培可能です。
:0



 



ログインして投稿する! 会員登録して投稿する!

  条件検索へ


ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.