超高齢社会を認識していただく授業 - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
とっておきのネタを書くぜ!
↓↓↓↓新規事業の立上は日常生活のアイデアから生まれるものです!↓↓↓↓
主婦が考える新規事業 サラリーマンが考える新規事業 こどもが考える新規事業 経営者が考える新規事業
高齢者が考える新規事業 介護に取り組む方が考える新規事業 赤ちゃんのために考える新規事業 学生が考える新規事業

超高齢社会を認識していただく授業

  • このカテゴリに新しいトピックを立てる場合はログインが必要です
  • ゲスト(非会員)の方は閲覧のみ可能です
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2010-8-28 22:43 | 最終変更
kayo  お猿さん   投稿数: 12
今日本は超高齢社会を迎えています。
年々それは加速度的に深刻化されて行くことでしょう。

私は学校の授業(例えば義務教育の現場)などで、
授業の一環として高齢化社会についての予備知識を、
学んでいただくようなことがあっても良いのではないかと、
感じることがあります。

今はそのような問題に取り組む学校も、
確実に増えてきています。

介護に携わる者が、
高齢者の増加に比べて少なすぎるという問題があります。
一人でも多くの若者に、介護の現場を知っていただき、
社会的なサポートや気遣い、補助などを、
一人一人が率先して行うことが出来るような、
そんな世の中になる必要があるのではないかと考えるのです。
:2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-8-29 17:28
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
時々テレビなどでやっていますよね。

子供さんに介護の現場を体験させよう!
みたいな感じで、歩行困難な状態を作って
体感させたりなどしていたような記憶があります。

時代が変われば義務教育の科目も、
変化したりしても良いですよね?

英語の授業なんかもあったりするのでしょうかね?
小学生とかで今。
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-9-10 19:18
moririn  原始人   投稿数: 21
学校によってはあるそうです。
義務なのかどうかは分からないですが。。。

友達が学校の先生をやっているので、
聞いてみました。

給食なんかでも、
学校が指定したメニューとは別のメニューを
食べるようなことが認められていたりとか、
多様化(?)してなかなか大変みたいですよ。
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-12-15 17:10
koto  ネアンデールタール人   投稿数: 95
核家族が増えているからでしょうか
わざわざ授業する・・・というのも
なんだか悲しいですね

知人が子どもの頃
お母さんの炊いたごはんがやわらかめで
いつも文句を言っていたそうです
でも結婚して子どもも大きくなって
最近になって(20年近く経って)
それは同居のおばあちゃんを思って
母がしていたことだったとわかった
と話してくれました

いい話だなと思いました

:1



 



ログインして投稿する! 会員登録して投稿する!

  条件検索へ


ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.