自動更新機能付き連絡網 - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
とっておきのネタを書くぜ!
↓↓↓↓新規事業の立上は日常生活のアイデアから生まれるものです!↓↓↓↓
主婦が考える新規事業 サラリーマンが考える新規事業 こどもが考える新規事業 経営者が考える新規事業
高齢者が考える新規事業 介護に取り組む方が考える新規事業 赤ちゃんのために考える新規事業 学生が考える新規事業

自動更新機能付き連絡網

  • このカテゴリに新しいトピックを立てる場合はログインが必要です
  • ゲスト(非会員)の方は閲覧のみ可能です
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2010-8-28 23:55
nobi  お猿さん   投稿数: 15
僕の部活の先輩を見ていて感じたのですが、
卒業をしてしまった先輩と連絡を取るのが難しいらしく、
苦労しているみたいです。

引っ越したり、
仕事などで転勤になったり、
実家に戻られていたりして、
同期の方々に聞いても行方が知れない。

まぁこれは小学校でも、
中学校でも同じことですが、
幹事の役目の方は大変です。

例えばそういうのをネット上で、
気軽に作れる連絡網プログラムなどを作って、
フリーで使わしてくれたりしたら嬉しい。

ブログのようなイメージで、
手軽に立ち上げることが出来て、
卒業者には各自ID、パスワードを発行。

住所変更などがあったら、
自分でそのサイトに入って、
自分の情報を更新する。

そうすれば幹事がいちいち探して、
苦労してといったことをしなくて良くなります。

年賀状印刷や宛名シールの印字なども出来たり、
電子メールの登録などで、イベントがあれば一斉送信など、
できれば、学生にも負担がかかりません。

新入生歓迎会などで、
毎年招待状を出したりするのも、
結構大変なんです。
(そんなこと言ったら先輩に怒られそうですがw)
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-8-29 17:32
ootakikaku  エイリアン 居住地: 東京都中野区  投稿数: 642
その苦しみ。
自分も体験したことあるっす。

その期の中で一番動いてくれそうな人というか、
知っていそうな人?

そういう人を如何につかまえて、
かわりに集めてもらうかがミソです。
って監督の先生に教えてもらいました。

そうだよなぁ。
本人がいちいち申告するのが、
一番手間がかからなくて良いですよね。

散々住所変更しておいて、
「俺んとこ連絡こねーぞ!」
なんて言われてもねぇ(笑)
:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-8-31 14:00
nobi  お猿さん   投稿数: 15
そもそも学校などが、
そういうシステム(?)を構築していれば、
クラス会でも行けるし、クラブ活動でも行けますよね。

こういうインフラ構築できれば、
なかなか良さそうです。
:1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-9-3 23:42
guppe  現代人   投稿数: 186
ごもっとも。

結局なんか連絡取れなくなってしまった仲間って、
結構居るんだよなー。

まぁだからこそSNSとかが重宝したり、
するんだけどね。
:0



 



ログインして投稿する! 会員登録して投稿する!

  条件検索へ


ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.