孔子の言葉に「利によって行えば恨み多し」というのがある。 - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
社長のミカタ
賢者の言魂
賢者の言魂 : 孔子の言葉に「利によって行えば恨み多し」というのがある。
投稿日時: 2012-03-10 08:06:33 (1622 ヒット)

平岩 外四|東京電力 社長 |

ひらいわ・がいし

孔子の言葉に「利によって行えば恨み多し」というのがある。

 

大正3(1914)年生まれ。愛知県常滑市出身。

東京帝国大学法学部を卒業した昭和14(1939)年、

東京電燈(現・東京電力)に入社するが、昭和16(1941)年に召集され、

戦争末期にはニューギニア戦線でジャングルを敗走。

 

飢えと熱病のため、107人の部隊のうち生き残ったのは

平岩を含めてわずかに7人だけだったという。

復職後、昭和43(1968)年に54歳で取締役就任。

昭和49(1974)年には末席の常務から一足飛びに副社長となる。

昭和51(1976)年、社長に就任。

昭和59(1984)年には会長に退き、平成5(1993)年からは相談役を務めた。

 

財界きっての読書家で蔵書は3万冊ともいわれる。

平成2(1990)年、第7代の経団連会長に就任。

平成4(1992)年、宮沢内閣が邦銀の不良債権処理のために

公的資金を投入しようとした際には、経団連会長として

「そんなことは考えることもできません」と反対した。

 

上の言葉は東電の会長時代のもの。

これに続けて「現在、地球上に起こっている様々な事象は、

多かれ少なかれ当事者たちが『利によって行ってきた』結果である」と語った。

公益事業を預かる経営者として自分自身と東電の上層部を戒めたものだが、

平成14(2002)年には原発の点検記録改竄問題が発覚。

 

相談役だった平岩を含め、東電の歴代社長4人が引責辞任した。

経団連会長時代の?平岩語録?としては、

「組織が人を動かす企業は活力を失い衰退していく。

人が組織を動かす企業は発展成長する」

「人間、逃げちゃいけないと思うんです。大事な時にふわっと逃げる人がいる。

これ落第です。ボールは正面でつかむものです」などがあるが、

福島原発事故発生時の東電社長、清水正孝氏は入院したまま辞任。

?平岩イズム?が実践されることはなかった。

 

昭和62(1987)年に名誉大英帝国勲章(KBE)を受勲、

平成18(2006)年には桐花大綬章を受章。

東電の事実上の創業者で?電力の鬼?の異名をとった

松永安左エ門(1875〜1971年)は、

その遺書に「死んでも勲章位階(もとより誰もくれまいが、

友人の政治家が勘違いで尽力する不心得かたく禁物)

これはヘドが出るほどに嫌いに候」と書いた。

 

平成19(2007)年、92歳で死去。

 




社長のミカタに関して興味関心のある方は、
http://www.np-net.co.jp/mn1_3_mikata.php

【『社長のミカタ』を発行するエヌピー通信社へ電話・FAXでご連絡の際には下記まで】

お電話・FAXでのお問い合わせ
Copyright (C) 2009 NP tsushin-sya. All Rights Reserved.

印刷用ページ このニュースを友達に送る

コメント一覧

 

ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.