アメーバ型人材が新規事業担当者には適している - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
トップ  >  人間関係  >  アメーバ型人材が新規事業担当者には適している

新規事業の多くは「無から有を生み出すこと」が命題になります。
無論本当に全く何も無いことろからポンと何かを生み出す、
と言うものではありませんが、
売上、という意味においては生み出すことになります。

従って、元々そこに仕事がある状態で、
その仕事をしっかりとこなす。
間違いなく、手順どおりにまとめる。
という仕事とは根本的に違うものになります。

生み出す仕事は、
それに適したタイプの人間と言うものが居ます。

変化を好む人、
異なる価値観を受け入れられる人、
挑戦することが楽しい人。

そのようなタイプの人材が担当者としてはふさわしいでしょう。
私はそういうタイプの人を「アメーバ型人材」と呼びます。

何しろ「変化に強い」ことが特徴です。
新規事業の号令があっても比較的素直に、
その環境に順応しようとします。

逆に変化に順応できないタイプは、
既存の仕事がしっかりとある、という職種で働いている人に多いです。
これは良い悪いではなく、仕事の環境によって、
その人の成り立ちによって、変化しますので、
どちらが偉いとかそういうものではありません。

ただ、新規事業を推進させたいのであれば、
そのような「組織の中に波風を立てる人」は必要でしょう。
波風、といってもけんかをするわけではありませんよ?





 

Check


プリンタ用画面
友達に伝える
前
新規事業の立上に必要な力
カテゴリートップ
人間関係
次
新規事業をあきらめる人

ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.