新技術を活かした新規事業 - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
トップ  >  生活  >  新技術を活かした新規事業

新しい技術というのは新規事業を行う上で、
欠かせないものとなることが多くあるように思います。

特に「広告宣伝」や「マーケティング」の分野での
コストパフォーマンスを著しく変動させる可能性が高い。

ホームページが現れ始めた頃、
多くの人は「そんなもの誰が見るんだ?」と言いました。
一部の先見性のある経営者、法人だけが先行して取り組んで、
そこで大きな利益を得ることが出来ました。

ブログにしてもSNSにしても、
そして今話題のtwitterにしても同様です。

ブログであれば「日記なんて誰が見るんだ?」
という意見は実に多くありましたが、
どこかで「ブログで大成功!」みたいな情報を得ると、
みんな一斉に飛びつく。

しかし、その時点ではもう既に後発組の仲間入りです。

新規事業に取り組む際に、
このような「新技術の草創期」に当たるか否かということは、
実に重要な要素であります。

特に中小企業にとっては、
先行者利益を上乗せできる分、新規事業の立ち上がりの速度に、
大きな影響を与える。

可能性が非常に高まるのです。
後はその新技術と言うものを「どのように活かすか」
「組み合わせるか」というジョイントの技術と言うか発想。
それが重要です。





 

Check


プリンタ用画面
友達に伝える
前
主婦が考える新規事業は直接的なニーズが元にある
カテゴリートップ
生活
次
おまけの心理

ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.