新規事業のアイデア・ネタの調達手法 - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
トップ  >  勉強・仕事効率化  >  新規事業のアイデア・ネタの調達手法

昔と違って、ありとあらゆる情報は、
限りなくタダになりました。

今までは「専門的な分野の知識や知恵」といったものは、
一部の限られた人の中で「独り占め」されていた状態で、
そのノウハウを得ようとしたら多額の金銭を支払って、
「教えてもらう」しかなかったわけです。

もちろんそれは今でもなくなってしまったわけではありませんが、
その価値が年々目減りしているということは確かです。

例えば、弁護士事務所に相談に行くことを考えてみます。
昔であれば法律の知識も、判例も何も、全くなにも分からない、
ど素人な状態での相談でした。

それこそ0から教えてくださいという状態であったわけですので、
弁護士事務所の方も相当大変だったはずなのです。

しかし、今はインターネットでかなりのことが事前に調査可能です。
例えば「このようなケースの時は、どのような判決になるのか」や、
「過去にどのような判例があったのか」あるいは「どのように係争したのか」
などの情報がリアルタイムに取得することが出来たりします。

事前に調べた上で相談に赴くので、
そのような状態であれば弁護士さんとしても、
例えば今までであれば3回、5回と面談をして、
ヒアリングをして答えを出す必要があった案件も、
1回、2回で対応策を明示できるようになることもあるわけです。

無論複雑な案件についてはこの限りではありませんが、
簡単なものであればネット上の情報収集がしっかり出来れば、
8割方の自己解決が可能になりました。
とはいえ、ネット上の情報にはうそも含まれますので、
問題が生じたら、まずは専門家に相談に行くことをお勧めしますが。





 

Check


プリンタ用画面
友達に伝える
前
ソフトウエアは全部フリーになることを考える
カテゴリートップ
勉強・仕事効率化
次
SMM(ソーシャルメディアマーケティング)と新規事業

ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.