新規事業で返さなくても良いお金を調達できるか? - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
トップ  >  経営  >  新規事業で返さなくても良いお金を調達できるか?

新規事業を立ち上げ、推進していくためには、
資金が必要となります。

設備投資が必要になるのか、
仕入れが必要になるのか、
研究開発が必要になるのか、
人件費がかかるのか、
販売促進費が必要なのか。

新しく何かをやろうとする以上、
そこに何かしらの労力がかかることは、
容易に想像することができます。

そのような際、
どこに相談に行けば良いのでしょうか。

例えば、
日本政策金融公庫や税理士事務所、
社会保険労務士事務所、助成金コンサルタントなどを、
あたることになるのではないでしょうか。

私がお勧めしたいのは、
いきなり金融機関の窓口に飛び込むのではなく、
第三者(ここでは会計事務所、社会保険労務士事務所、コンサルタントなど)に、
相談に行くことです。

もちろんいきなり窓口に行っても間違いではないのですが、
対応を間違えてしまうと後々動きがとりにくくなります。
要するにまずは作戦会議を開く必要があると言うことなのです。

新規事業を行う際にできる資金調達を後押しするものとして、
中小企業新事業活動促進法の経営革新計画の承認や助成金、補助金など、
国や自治体などで扱ういくつもの優遇措置が存在します。
まずは専門家に相談して、情報を得ることです。





 

Check


プリンタ用画面
友達に伝える
前
スピード経営・スピード新規事業立上
カテゴリートップ
経営
次
中小企業新事業活動促進法・経営革新計画の承認を

ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.