中小企業新事業活動促進法・経営革新計画の承認を - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
トップ  >  経営  >  中小企業新事業活動促進法・経営革新計画の承認を

これには諸説ありますが、
中小企業新事業活動促進法の経営革新計画の承認を得ることで、
資金調達がしやすくなる、ということは実際にあるようです。

中には「そんなものは意味が無いことだ」と仰ることもありますが、
「効果があった」とされる意見のほうが多くあります。

要するに承認を得た後に、
金融機関にどのように評価されるか、であって、
承認を受けたことで、融資を保証するものではないということです。

経営革新計画の承認は、
資金調達面でのメリットもあるのですが、
一番のメリットは第三者に対して、事業のモデルや、
収益性、成長性などをプレゼンテーションすることができるようになる。
事業の内容をまとめることが出来る。
書面でプレゼンすることができるようになる。

といった大きなメリットがあるのです。

Yahoo!やGoogleで調べてみてください。
経営革新計画の承認に関する情報はたくさんあります。

どのようなモデルが取得できてモノなのか、
なども調べようと思えばかなりのところまで調べることもできます。

また経営革新計画の承認を後押しするコンサルティング会社や、
会計事務所や専門士業の事務所も多く存在します。

まずは顧問税理士などに相談し、
その上で、自社で取得可能なものなのか検討してみても良いでしょう。
企画内容がしっかりとしており、上手にプレゼンテーションが出来れば、
自力でも承認を受けることが可能です。





 

Check


プリンタ用画面
友達に伝える
前
新規事業で返さなくても良いお金を調達できるか?
カテゴリートップ
経営
次
事業が生まれる時

ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.