【経営・事業】 日本における新規事業における考察1 - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
トップ  >  太田亮児(おおたりょうじ)  >  新規事業立上  >  【経営・事業】 日本における新規事業における考察1

わが国では新規事業において

バックアップが非常にかゆいところに手が届くほどいきわたっている面は確かに存在します。

新規で事業を始めようとする起業家といったものは、

わが国の過去の不況であった時期にも多く活動していました。

 

新規事業に対してオープンな部分を持つのが我が国の特長だと言えると思います。

さて、新規に事業を起こそうとした場合、まず多くの媒体では

起業資金のやりくりが肝心となってきます。

その角度から考察して、わが国における企業にとって有利な点などを具体的に、

かつ断片的に述べていこうと思います。

 

起業資金融資の公庫というものも、

企業向けの国の機関の提供しているサービスなどもあります。

これらは最大で、数千万円の借入を受けて起業資金に充てる中小企業、

ベンチャー企業なども実際恩恵を受けています。

 

 

また起業アドバイザーなどでは、起業に関して、

お金がないから最初からあきらめるのは少し違うかといった発言をする人がいます。

その一文を参考までに、書籍より引用していくと…

 

まず、起業といった単位で夢としてどれだけ情熱を注いで事に当たっているか、

どれだけの責任と覚悟を持って起業活動を行えるか、

情熱と言った単位でスキルについての最重要項目としていく企業支援の媒体もあります。

 

ファイナンシャルプランナーやエコノミストと言った観点で新しい角度と経営形態で

国中の機関をサポートしていたりもするのも事実です。

起業するのにお金は基本的に一円もいらないとかの関連記載のある書籍が

売り上げを伸ばしています。

 

起業活動において、展望し、将来にわたってその起業したばかりの媒体を

観察してきたとあるアドバイス的観点では、需要の観点から、ビジネス展望して

いくことが肝心だと語っています。

 

需要予測を事業企画に取り入れることで自己都合が是正されて

客観的な評価が可能となってきます。

 

太田亮児のプロフィールはコチラ

 





Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク

 

 


プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
新規事業立上
次
日本における新規事業における考察2

コメント一覧


ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.