日本における新規事業における考察2 - /新規事業のアイデアを創出

Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク
ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
<{$xoops_sitename}>
<{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}> <{$xoops_sitename}>
トップ  >  太田亮児(おおたりょうじ)  >  新規事業立上  >  日本における新規事業における考察2

まず、社会的需要の展望によって、本来の企業の目指すべき方向は、

経営、技術開発、経営企画などのジャンルによって変わって、

大きく影響を受けています。なにより、部門別に、目的、方針、方法、

などは部門特性により異なりそれらの手法には一長一短があるというのが事実です。

 

それらを個別に区分すると、技術部門などは、

需要見込みを立てる際に市場との距離を縮めにくい特性があります。

また、営業部門では志向性が短期思考になりやすい性質を持っていると言えます。

 

それら部門別の横断を主目的としているプロジェクトなども

新事業開発を恒久的に行う視点からいろいろとサービスとして企画され

新しい流れとして社会に 浸透しつつあります。

日本政策金融公庫などでは事業開始後5年以内の手伝いとして、

いろいろなサポートも視野に入れています。

 

経営の基本となる、需要予測も、観点において、

いろいろな項目ジャンルも存在します。

こういった部分での変化要因などもつかんでおくことも大切だと思います。

 

社会のシステム、まず、インターネットの普及などによって、

事業に求められる需要も異なってきます。

インターネットの普及発達は、大きくジャンルごとの需要が発生します。

時代の流れとして、経営形態などの切り替えと言った意味でとても大切な項目です。

 

 

次に、ライフスタイルの変化といったものも大切な項目となってきます。

深夜や早朝の商品供給といったものも、一例として社会のライフスタイルの変化で

需要として必要なものになっている項目です。

次に、環境問題なども、大きく関連してきます。

環境保護なども視野に入れていく場合、

新しく大きな流れで需要が発生してきます。

 

こういった項目を例に挙げても、

時代時代で需要は激しく変化するものだとお分かりいただけると思います。

こういった観点から、新規事業においての考察を一部分の観点を軸に書いてきました。

日本全体を見回してみて、また、海外での活動においても、

日本の国力以上に企業の持つ底力が証明されていると思います。

多くの企業が現在国の将来の鍵を握っています。

 

日本と言った国は、企業の経営についてかなり巧みなお国柄だと思いますし。

実際いろいろ指摘があるものの国としての、また環境的に企業の育成、

つまり新規事業において本当に力があり、やる気と社会的貢献度などが明確な場合、

圧倒的なサポート体制を受けることができる体質を持っています。

 

事実、日本の企業の持つ力、

企業の在り方を育ててきた体質故に高度経済成長と言った実績も

ちゃんと持っていることも証明の一つです。

 

社会の、悪い体質も無視はできませんが、

実際、社会的にいい風潮も混在しているわが国の状況であるために、

本当にいいものは残る、こういった楽観的な観点も一概に否定はできないと思います。

日本経済とそれらを支える企業と、これからの新規事業大系の未来に対して

期待といった意味合いを込めて、このテキストを締めくくりたいと思います。

 

太田亮児のプロフィールはコチラ

 





Coodah!をブックマークに登録!! <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク livedoorクリップにブックマーク Google Bookmarksにブックマーク

 

 


プリンタ用画面
友達に伝える
前
【経営・事業】 日本における新規事業における考察1
カテゴリートップ
新規事業立上
次
こんなアイデアあるのだけれど、どうしたらいいの?

コメント一覧


ゲストさん : ログイン - 新規 - PW忘れ
Twitter/ツイートボタン
既に会員の方はこちらからログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失     新規登録
無料メールマガジン

ベンチャー企業、中小企業の企画のコツ

お名前 ※
E-Mail ※
税理士・会計事務所紹介

日常のアイデアを新規事業に
筑波大学産学連携研究シーズ集
専門家新規事業
賢者の言魂

税理士法人合同会計 新規事業応援 責任者の心得小冊子
新規事業・ビジネスのタネ
<{$xoops_sitename}> 私たちにはアイデアや着想を自由に思い描く権利を生まれながらにして有しています。
アイデアや着想は全ての人類が平等に有している資産であり、尽きることの無い無限の資源です。
個人のアイデアや着想は小さな一滴のひらめきかもしれません。 取るに足らない思い付きかもしれません。
しかし、その取るに足らない小さな資源を、皆で育んではみませんか?
利用規約このサイトについてご利用ガイドラインコミュニティガイドライン個人情報の取扱いについてヘルプサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010-2012 新規事業.jp. All Rights Reserved.